読み聞かせのこと。。

娘のクラスの読み聞かせは2学期で終了していたのですが、お友達に頼まれて、久しぶりに低学年、3年生のクラスにお邪魔してきました。

最近ず~っと高学年(っていうより6年生オンリー)だったので、返ってくる反応が大きいし新鮮で、嬉しくなっちゃいました♪
小さい子達はやっぱりカワイイ~~

初めて入るクラスだったので、図書館での本選びはラクでした。
知ってる本で、楽しかったのを借りるだけです。

51aN4rafZlL__SS400_.jpg

この本はシリーズがあって、どれを読んでも盛り上がるんですよ。

あともう1冊はこちら。

     87110175.jpg

地球は丸い!って事がわかる。…か?!(笑)
でもね、もうすっかり大人になった私には、この本を読む度に、「サバンナ八木さん」が浮かんでくるんです。
地球の裏側へ向けたギャク 、「ブラジルの人~聞こえますか~?」
がね(笑)


なにはともあれ、朝は元気にスタートして欲しいので、やっぱり笑ってもらいたい。
「ええ~~!」って。「アハハ~~!」って声を出してもらいたい。
少しでも、子ども達の笑顔の足し算のお手伝いができた…かなあ。。そうだったといいなあ。。


さて、娘ももうすぐ卒業です。
息子が入学した時からお手伝いさせていただいた、合計8年間の読み聞かせもこれで終わりです。
続けていくというのは、正直大変でした。
毎回本を選ぶのが一苦労。。
毎週火曜、朝8時過ぎまでに学校へ行くのも一苦労。。
雨の日もあれば風の日も。雪の日も。。

でも、どれもこれも、終わってしまえばあっという間。
こんな機会でもなければ、手にすることもなかったであろうたくさんの絵本。
そして知った絵本の深さ。
これが縁で始まった、大事な仲間もできました。
これらは私にとって、何よりの財産です。
ほんとうに貴重な経験をさせていただきました。

なんの勉強もしていない私を快く迎えてくださった学校に感謝を込めて。。
ありがとうございました

スポンサーサイト

山田洋次絵本 『めだま』 『真二つ』

高学年への本選び。これは結構大変です。
私はいつも、あまり難しく考えずに 『楽しそう♪』 を基準に選ぶようにしているのですが、
高学年になら読めるはず。って本にたまに出会う事があります。
さて、今回ご紹介する2冊。そんな本の一つです。

山田洋次さんの創作落語「めだま」
カナダ (5)

本作品の絵本化は、映画監督山田洋次さんのお話。
江戸時代に近江屋源兵衛というべっこう問屋の倹約家の主人が苦労して成した財を、頼りない倅や番頭に信用して任せきれずに、病気で亡くなる前に医者に頼んで自分の目玉だけを生き残すというブラックユーモア。(出版社:(株)新樹社様より引用)

もう一つは、『真二つ』
78758603_convert_20120228230319.jpg

こちらも山田洋次さんのお話。
古道具屋の主人、旅先の農家で刀匠「魚切丸」を見つけ、杖にするとウソをつき、安く買い叩いて転売して儲けようとします。
ラスト、“何でもよく斬れる薙刀の刃”を池から拾おうとして泳ぎ、最後に二つに割れて岸に上がるというるオチ。

どちらも、ちょっとオドロオドロしていて、でも、それでいてやりすぎていない絶妙な絵がいいのです。
残酷さを残さず、単純に笑える印象です。

落語の「犬の目」もそうですが、ちょっとグロテスクでコワイ。
(…犬の目を読んだ時は、担任の先生に一番ウケました(笑))
89432506.jpg


噺家さんのように、軽快なリズムで読む事は実際ムリだけれど、
落語の特徴である“絶妙なオチ”これが子ども達にもちゃんとわかるんです。
落語絵本。読み聞かせにはもってこいだと、私は思います。

雪の結晶ノート。

朝起きると、見るからにふわっふわな雪が、庭いっぱいに積もっていました。
ここだけを見れば、雪ってすっごく幸せな気分にしてくれる物なんだけどなあ。。
現実は…そうはいきませんね。

先日読み聞かせで読んだ「雪の結晶ノート」
yukinokessyouno-to.jpg
私は小さい頃、毛糸の手袋に落ちてくる結晶の形を見るのがとっても好きでした。
子ども達に「雪の結晶見た事ある?」
って聞いたら、「無い」って子がほとんど。
この本をきっかけに、興味を持ってくれると嬉しいなあ。



2012_0125_142006-P1251059.jpg

ただ今、ラミネート加工した布を使って、長財布を製作中です。
今回も、自分でラミネート加工してます。
自分が使いたい布を自分でラミネートできるって、幸せ



2012_0125_105438-P1251056.jpg

多肉さんを初めて『宅配便で送る』事になりました。
送りつけるお相手はお師匠さん(笑)

最初、植木鉢ごと送ろうと思ってあれこれ知恵を絞ってみたのですが、もしひっくり返っても土がこぼれないようにするアイデアが、どうしても浮かばない。
実は私、多肉をネット購入した経験がなく、ショップがどうやって鉢ごと発送しているのかを知らないのです。
それで、以前お師匠さんが私にプレゼントしてくれた時のように、土から引っこ抜いて送る事にしました。

『どんな包装で送ろうかなあ。。』
と、じ~っと多肉とラッピング紙を見つめていたら、紅茶の三角ティパックが浮かんできて。
今回はこんな風に包んでみました。

この季節の一番の心配は、凍みてしまわないかという事。
プチプチで包んで、さらに新聞も詰めました。

21時現在の外気温、マイナス4度。
“発泡スチロールの箱に入れればよかったのかも。”
なんて後悔もすでに手遅れ。
無事元気に到着する事を祈るのみです。




こんな感じ。。いいぞ。。

毎週同じクラスに読み聞かせに入ると、そろそろネタが尽きてきたりも、、します。。
もちろん、図書館に本は無限にあるのだけれど、なにしろ素人。情報量が足りません。
そして、どうしても自分が好きなジャンルって決まってきたりも、、します。

だから。。そんな時は友の力を借りちゃいます♪

先週、お友達からお借りして、いたく感銘を受けてしまった本(笑)があったのでご紹介させていただきますね。

89325703.jpg

きしらまゆこさんの 『ラッキー☆ガーコ』

とってもドジで失敗ばかりしているんだけど、自分じゃ「俺ってなんてラッキーな鳥なんだ!」と心から思っているお気楽なとりの話。(きしらさん公式HPより引用)

読み終わって、「これだ!!」と思わずハイテンションになってしまいました。
はたから見れば明らかに失敗。でも、この鳥くんは、「これで済んだのだからラッキー」なのです。
究極のポジティブシンキング☆
大げさに言えば、「こんな生き方ステキじゃん!」って感じです。


嫌な事があった時、「これくらいで済んで良かったあ~。もし〇〇だったら、もっとひどい目にあってたよ~」
的発想で、お気楽に・嬉しそうに。考えてみましょう。
きっと全てがHAPPY♪なんですよね。

ネガティブ~どんより~。な気分に陥った時に読んで欲しい1冊です。。
お試しあれ♪


ちなみに。5年生の教室で読んだのだけど、盛り上がりますよ~。
学年が上になってくると、ありえない設定や状況の場面で、それなりに突っ込んでくれるので、笑い声もあって読み手もテンションが上がります。
(それが嬉しくて、ついつい笑える本ばかりに傾倒していく私なのです…。)





ありがとう。。

終わりました。。
息子が1年生の時に始めた読み聞かせ。思えばあっという間でした。

率直な感想は、まず、「本の選択が大変だった!」です。
私の基本は“笑わせる・楽しませる”だったので、自分の思うような本に出会えた時はもう嬉しくてうれしくて。
反対に、うまく見付けることができなかった時は…。
実は私、最強アイテム持ってるんですよ!
それがこれ↓

ISBN4-569-64252-7.gif

「5分で落語のよみきかせ」です。
読む物が見つからない時のお助けアイテム。。

…で…。昨日悩み続け、最後の読み聞かせ用に。って、夜中までかかってパソコンで作った、即席パネル方式のGReeeeNの「歩み」 参考にさせていただきました。こんな感じ→

だったのですが…。基本お調子者の私、ついつい?やっぱり?笑わせたい衝動に駆られてしまい、ラストだというのに落語の「さらやしき」に走ってしてしまいました(汗)

…あの苦労はなんだったんだろう。。


十人十色。読み手の数だけ色んなジャンルの本に出会える。。
それは子ども達にとっていいことだ。。
と思う事にしよう…。




プロフィール

Dilly*Dilly

Author:Dilly*Dilly
ディリーディリーです。

四角くカットしたランダムパッチで、楽しく小物作りをしています。

完成した作品は「minne」と「tetote」で販売中です。
お時間がございましたらお立ち寄りくださいね。

たまに日常の小ネタもつぶやいてます♪

Copyright (C) Dilly*Dilly All Right Reserved
このブログ内の作品やデザイン、画像の複写、転載、模倣、盗用を固く禁止します。
個人で楽しまれる方も『Dilly*Dillyの作品を参考にした』と一言添えてくださいね.。o○

MY SHOP
minneとtetoteで販売中♪
SNS&Dilly*Dilly's Gallery
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
ランキングに参加しています。 「ポチッ☆」と応援いただけると嬉しいです(*^_^*)
人気ブログランキングへ
SNS
インスタグラム始めました♪
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲載書籍
Sewing&Crochet vol.4へ
掲載していただきました。
QRコード
QRコード